南西食品株式会社 会社概要/沿革

会社概要/沿革

会社概要
商号
南西食品株式会社
設立
昭和34年5月4日 名護缶詰工業株式会社として設立
創業者
中本太郎
本社所在地
沖縄県名護市宮里1丁目28番地8号
資本金
91,500,000円
取締役会長
名嘉宏文
代表取締役社長
中本泰一郎
担当者
大城、照屋、佐藤、野末、前川
事業内容
トロピカル果汁飲料並びに食料品の製造及び輸入販売、OEM商品の受託製造
主な沿革
昭47年1月
今帰仁農産株式会社及び北部農産株式会社を吸収合併し、社名を「南西食品株式会社」に改める。
昭50年6月
那覇市寄宮在の県営ビルの一部280坪を購入し、食品スーパーを開店。
昭54年2月
国頭郡東村にパインアップル缶詰及びジュース加工の「東工場」完成。
昭55年2月
名護市大南在のビル103坪を購入し、スーパーを開店。
昭62年6月
名護工場跡地に7階建ての本社ビルを建設し、ショッピングセンターの開店、及び賃貸マンションの完成。
昭63年12月
パインアップル原料生産量の減少により、経済連と製造の一本化を図ることになる。東工場でのパインアップル製造は停止し、清涼飲料水やトロピカルドリンク等の製造に専念する。
平成2年2月
株式会社ポッカコーポレーション(名古屋在)と折半出資による「沖縄ポッカ食品株式会社」を設立して「東工場」を分離し、両社の販売する商品の製造を担う。
平成6年7月
ショッピングセンター及びスーパー部門の事業を「金秀商事株式会社」に譲渡する。
平成9年4月
名護市宇茂佐に5階建ての賃貸マンション「ドリームヒル南西」完成。

好評発売中です!

35COFFEE Bitter Sweet

35coffee.jpg
沖縄県産ブランド「35COFFEE」豆を賛沢に使用し、豆本来が持つBitter(苦味)を引き立て、ほんのり甘い加糖タイプの飲みやすい味に仕上げました。また、本商品の売上の一部は、沖縄県内の珊瑚再生活動に活用致しますので「飲んでエコ」活動が行える商品となっております。

もっと詳しくLinkIcon

シークヮーサー果汁100%

shekwasha100_01.jpg
沖縄産シークヮーサーのみを贅沢に使用した果汁100%のジュースです。丸ごと搾っておりますので、天然のシークヮーサーのもつそのままの甘酸っぱさと後味のよさが特徴です。レモンの代用としてサラダや焼き魚などのお料理に。泡盛の水割りに。冷たいお水で割りお好みの甘味料を加えてシークヮーサージュースに。様々な用途でお楽しみ頂けます。

もっと詳しくLinkIcon

太陽の味!パインマンゴ

pinemango.jpg
沖縄産の爽やかなパインアップルと台湾産のとろけるマンゴをミックスして風味豊かなトロピカルドリンクに仕上げました。明るく元気なパッケージはお子様にも大人気です。

もっと詳しくLinkIcon